ますたーさいーどさん

5chから色々とまとめてまーす。

紅白帽を立てにかぶった男の子のイラスト
「2021年の代表曲なし」紅白は歌手どころか東京五輪メダリストのキャスティングも難航
https://news.yahoo.co.jp/articles/3eb17f3c671deec254d3c1de8231296429eba27a
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured
この記事のソース元URL: https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/akb/1634518994/
続きを読む

隠れ身の術のイラスト(忍者)
払わなきゃ駄目かな?
四万失う
泣いて良いっすか?
続きを読む

カートを押す給食係のイラスト(女の子)
出雲市が給食に「キャッサバ」を検討 ブラジルで主食の芋

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/20211018/4030010396.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

出雲市が市内に住むブラジル人が栽培している「キャッサバ」という芋を使った料理を、
地元の子どもたちにも味わってもらおうと、初めて学校の給食で出すことを検討しています。

給食で出すことが検討されているのは、ブラジルで主食として親しまれている
「キャッサバ」という芋で、出雲市に住むブラジル人と日本人の市民グループが
去年から市内の農園で栽培しています。
出雲市教育委員会によりますと、市内に3600人以上が暮らすブラジル人に親しみを持ってもらうきっかけに
しようと、キャッサバを使った料理を初めて給食で出すことを検討しているということです。

出雲市内では毎日、教職員を含めておよそ1万7000人分の給食が作られていて、
来月本格化する収穫で十分な量が確保できれば、来年1月の給食のメニューに採用したいとしています。
教育委員会では、キャッサバになじみのない子どもたちも食べやすい味付けや食感になるように
検討を進めていて、初回は合わせて36の幼稚園や小中学校で、
およそ8000食分を試験的に提供する予定だということです。

出雲市教育委員会学校給食課は「食を通じ、同じ町の住民として暮らすブラジル人への
理解を深めてもらい、多文化共生社会の実現につなげたい」と話しています。

10/18 12:42
続きを読む

銃規制のマーク
HOME
日本共産党の政策
各分野の政策(2021年)
7、女性とジェンダー(2021総選挙/各分野政策)

2021年10月

 現行法は、漫画やアニメ、ゲームなどのいわゆる「非実在児童ポルノ」については規制の対象としていませんが、日本は、極端に暴力的な子どもポルノを描いた漫画やアニメ、CG、ビデオ、オンライン・ゲーム等の主要な制作国として国際的にも名指しされており、これらを適切に規制するためのより踏み込んだ対策を国連人権理事会の特別報告者などから勧告されています(2016年)。非実在児童ポルノは、現実・生身の子どもを誰も害していないとしても、子どもを性欲や暴力の対象、はけ口としても良いのだとする誤った社会的観念を広め、子どもの尊厳を傷つけることにつながります。「表現の自由」やプライバシー権を守りながら、子どもを性虐待・性的搾取の対象とすることを許さない社会的な合意をつくっていくために、幅広い関係者と力をあわせて取り組みます。
https://www.jcp.or.jp/web_policy/2021/10/2021s-bunya-007.html

HOME
日本共産党の政策
各分野の政策(2021年)
60、文化(2021総選挙/各分野政策)

2021年10月


 日本共産党は、文化芸術基本法や憲法の基本的人権の条項を守り生かして、表現の自由を侵す動きに反対します。
 ——「アームズ・レングス原則」(お金は出しても口は出さない)にもとづいた助成制度を確立し、萎縮や忖度のない自由な創造活動の環境をつくります。
 ——すべての助成を専門家による審査・採択にゆだねるよう改善します。
 ——「児童ポルノ規制」を名目にしたマンガ・アニメなどへの法的規制の動きに反対します。

https://www.jcp.or.jp/web_policy/2021/10/2021s-bunya-060.html

2021/10/18(月) 11:06:38.95

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1634522798/
続きを読む

オンライン面会をする入院患者のイラスト(男性)
全く反応しない?ちんこ反応する?
https://i.imgur.com/iSKcvdf.gif
続きを読む

↑このページのトップヘ