ミステリーショッパーのイラスト(男性)
「山」「川」「田」「橋」など漢字の意味、そして読み方が重要 江戸時代以前の典型的な里山と村の暮らしを絵地図にした。山、川、池、森林、島、崎などの自然物のほか、井戸、田、橋など人の手で作られた構造物もさまざまな名字になっている((c) KK Bestsellers)
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201028-00699240-besttimes-000-1-view.jpg

約10万種類以上あるといわれている日本人の名字。

そのほとんどが日本各地の地名、または地形に由来するという。

先祖がどんな場所に暮らしていたのか、名字から探ってみよう。

■農民も昔から名字を持っていた

 日本人が誰でも持っている名字は、いつ頃からあるのだろうか。

 そもそもは古代の大和王権の有力氏族が互いを区別するため、名前をつけた。「中臣氏(なかとみうじ)」「物部氏(もののべうじ)」など職業にちなんだものもあるが、「吉備氏(きびうじ)」「 尾張氏(おわりうじ)」など、国名をつけたものもある。

 名前で、氏族の出身地域がわかるのだ。

 平安時代中期以降、貴族は邸宅や別荘のあった場所の地名を名字にすることが多かった。日本各地で勢力を伸ばした有力武士は、惣領(そうりょう)のみが先祖伝来の姓を名乗り、それ以外の子は本家の近くに居を構えて、その地名を名字とした。

 貴族、武士の間で広まった名字を一般庶民が使うようになった時期ははっきりしない。

 ただ、文献資料から読み解くと、少なくとも室町時代以前から存在していたと考えられる。

 その総数は正式な調査がなく、現代では約10万から20万あるといわれている。

 「名字の基本的な役割は、家と家を区別すること。そのために住んでいる場所を手がかりにすることが多いですね」

 姓氏研究家で、名字に関する著書も多い森岡浩さんは言う。

「法事で親戚が集まると自然に、『大阪の叔母さん』などと呼びます。それと同じように地名で呼ぶようになったのが名字の始まり。昔は引っ越しがなかったので、それが固定して一族の名字になった。自然発生的に誕生したのです」

■地形や方角も名字になる

 日本は人口密度が高く、同じ地名の土地にたくさんの家がある。

 地名由来の名字だけでは家々の区別が付かない場合、地形や風景などで区別をした。

 「山」「川」「谷」などの自然の地形、人の手が入った「田」「畑」「塚」「堀」なども名字に多く活用されている。

 また方位方角も大切な要素だ。基本は東西南北で、本家から分家した一族が、本家から見てどの方角に住んだかで決まる。「上」「下」「中」「前」などの方位を示す言葉も重要だ。

 数は多くないが、職業由来の名字もある。機織(はたおり)をする「服部(はっとり)」、弓を作る「 弓削(ゆげ)」、荘園を管理する「庄司(しょじ)」、「越後屋(えちごや)」などの屋号を名乗る商家などだ。

 これらは自然発生的な名前だが、平安時代の大貴族・藤原氏に由来する「下に藤」がつく名前は人為的だ。藤という漢字を使って藤原氏であることを示しながら、自分の家を区別するため「地名+藤」という名字を考案した。たとえば加賀の藤原氏は「加藤」、近江の藤原氏は「近藤」という名字になる。

【名字の由来は大きく5タイプ】
❶ 地名
❷ 地形、風景
❸ 方位、方角
❹ 職業
❺ 下に藤

 自分の名字の由来を知りたいときは、�@地名、�A地形・風景、�B方位・方角、�C職業、�D下に藤を手がかりに探求しよう。多くの名字は�@〜�Bで判断がつく。�Aと�Bが組み合わされ「川上」「山下」などの名字になることも多い。方位には北を子、東を卯など干支をあてる呼び名もあり、「巽」「辰巳」(南東のこと)などの名字も方位姓だ。

10/28(水) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201028-00699240-besttimes-life
  1. トランプは?
  2. タケフジ
  3. 御手洗
  4. 地名は神社由来も多いよな
  5. 遊び人の金さん
  6. 中田と田中は何が違う
  7. 中田氏
  8. 明治以前の先祖の墓も無いやつは在日な  
    うちは嘉永建立の先祖の墓がある
    もちろん名字入り
  9. 竈門
  10. 戦場ヶ原
  11. 上に藤というのはどういう由来なの?
  12. >>8
    社内広報で中田支社長を連呼してた時に
    笑いを堪えるのが大変だった
  13. ワイ、祖先の苗字は「胴尻」
    なんでも細長い集落の真ん中あたりで「胴」と呼んでた区域の一番端だった模様
  14. 【政治】12議席中11人が長屋さん 岐阜・板取村議選
    https://news2.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1051458119/

    1 :トーキョーローズ ◆t6c58.ROSE @東京Roseφ ★:03/04/28 00:41 ID:???
    村民の6割以上が「長屋」姓を名乗っている岐阜県板取村の村議選は、
    定数12のうち長屋姓の11人が当選した。
     村議選では、現職や新人の長屋氏13人と現職の田中善隆氏(68)の
    計14人が立候補。
     長屋姓の議員では、最多11期目の当選を決めた鉄美氏(79)をはじめ、
    和伸氏(54)、幹夫氏(67)らが当選。
    長屋姓以外の田中氏も当選した。
     同村は、鎌倉時代の城主名にちなんで長屋姓を名乗る村民が多い。
     村は関市への編入合併協議を進めており、今回が長屋姓が多数を占める
    最後の村議選となる可能性が高い。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030428-00000009-kyodo-pol
  15. 駄場は?駄馬?
  16. 庄司と東海林
    東海林(しょうじ)と東海林(とうかいりん)
    渡部(わたなべ)渡部(わたべ)
    錦織(にしきおり)と錦織(にしこり)

    本人に聞かなきゃ間違えそう。
  17. 桑名藩の掃除の者という賤民の小頭は渡辺吉右衛門と名乗っていた。
    『人権のあゆみ・桑名 史料編』(桑名市同和教育資料編集委員会編、桑名市教育委員会、1991)


    同和対策で桑名市が実施していた貸し付け事業を悪用し、現金百四十一万円
    をだまし取ったとして、三重、愛知県警の合同捜査本部は二日、詐欺の疑いで
    山口組系暴力団幹部の同市下深谷、無職渡邊修(46)と四日市出身の住所不詳、
    露天商手伝い今木公之(31)の両容疑者を逮捕した。合同捜査本部は同様の余罪
    四、五件があり、ほかにも数人が関与しているとみて捜査を進めている。
     調べでは、渡邊、今木の両容疑者は共謀の上、桑名市が同和地区の居住者に
    対象に行っていた福祉資金貸し付け事業を悪用し、借り入れの名目で金をだま
    し取ろうと計画。
     平成十三年十月十日、対象地区内に二年以上住みとび職を営んでいるかのよ
    うに装い、百四十一万円の借り入れ申請書を桑名市同和課に提出。貸し付けを
    決定させたうえで、同年十一月と翌年一月の二回に分けて計百四十一万円を、
    今木容疑者の預金口座に振り込ませた疑い。ともに容疑を大筋で認めていると
    いう。
     渡邊容疑者が主犯格とみられ、今木容疑者らを使って犯行を重ねていたと、
    捜査本部はみており、あと数人の関与者や余罪について、引き続き調べを進め
    ていく考え。

    桑名公共職業安定所の壁などに部落差別の落書きをしたとして建造物損壊などの罪に問われた
    桑名市大平町無職渡辺政文被告(44)に対する判決公判が二十四日津地裁四日市支部で開かれた。
    中村さとみ裁判官は渡辺被告に懲役1年(求刑同)執行猶予3年の判決を言い渡した。

    判決によると被告は7月11日正午頃桑名市中央町2丁目にある
    桑名市立図書館の男性便所の木製の扉に黒の油性フェルトペンで部落差別の落書きをしたほか
    同14日午後3時頃同市矢田の桑名市公共職業安定所の便所のブロックの壁に同様の落書きをした
    1997年9月25日 朝日新聞朝刊(三重)
  18. >>13
    そういうの一度意識しちゃうともう
  19. ビート
  20. >>13
    中学生か?
  21. >>1
    屋号だろ
  22. >>21
    社内広報やでw
  23. >>5
    神社名が万葉仮名で地名が現代的な字が使われてることもあるね
  24. 沖縄のアハゴンさんは?
  25. 今ほど情報のやり取りが頻繁だったわけじゃないし、日本全国一律で何かの法則や法律があったわけでもないだろう。
    ただ、「共同体の一員であること」「近親相姦を避けられること」などの目印としての姓名は無いとおかしいよね。
  26. 一般の農民は名乗れないし都市下層民には関係ないしでこんな印象に
  27. 星住
  28. >>13

    隣り町に中出さんが住んでる
  29. 夙のカムイとかだな
    何とか沢野田吾作とか
  30. 俺の御先祖様は豪族だったらしい
    確かに比較的稀有な名字
  31. 下に藤はわかったけど上に藤は何なの?
  32. >>9
    で、今は立派な無職穀潰しっすかw
  33. うち鍛冶屋+農民だけど
    江戸時代の墓にも苗字書いてあるね。
  34. 戦国時代の普段は農家してる足軽とか仲間でどう呼び合ってたんだろうか
    部隊編成のとき、たとえば4つの集落から5人ずつ選んで20人の隊を作るとか半端なことしたら呼ぶのめんどくさそう
  35. >>23
    だから社会人にもなって中学生程度のオツムなのかって皮肉だろ
  36. 俺の同級生や先輩でいた名字↓

    佐別当
    御手洗
    土御門
  37. 金本とか木村とか木下は朝鮮由来?
  38. >>26
    少なくとも屋号はあっただろう
  39. 名は呪とされ、昔の人は本名を家族にしか教えなかったらしい。
  40. 先祖は江戸の時代に商人してたらしいが、農民ぽい名字だ
  41. 新しい名字が増えるってことはないよな?
    外人が帰化したら有り得るのか
    それでも全体として名字は減ることになるはず
    友達がレア名字だけど子供いないから減るなあ
  42. >>40
    タイかよ
  43. あくまで公には名乗れないから記録に残らないってだけだからな
    足軽株とか買って立場を得ると姓を名乗るようになる
  44. 名字帯刀が特権ってなるぐらいだからなあ
    大っぴらに名乗らなかったり
    刀剣を持っているぐらいは武士以外でも出来たのでは?
  45. >>29
    そういや会社で、上村中村下村と上中下がそろったよw
    中泉もいるんだけど、古泉と大和泉とこちらは少し統一感がない
  46. うちの先祖は百姓なのに苗字帯刀許されてたらしい
    何で許されてたかは知らない
  47. 木下

    金本
  48. >>40
    んな支那王朝じゃあるめえしw
  49. 御手洗さんはどこに住んでたん?
  50. 集団ストーカー達の戸籍
  51. >>38
    どうだろね
    江戸時代半ばまで日本は世界でも有数の金産出国だったわけだから金の字を含む姓があるのはむしろ自然とも言える
  52. 【社会】女性宅に侵入して現金5000円盗み、体触って逃げる 岡山大3年の無敵容疑者を逮捕 c2ch.net
    https://daily.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1435921274/

    女性の家に侵入して現金を盗み、体を触って逃げた疑いで岡山大学の男子学生が逮捕されました。
    強制わいせつなどの疑いで逮捕されたのは、岡山大学3年の無敵謙介容疑者(21)です。


    834 :N速+のルール変更投票があります■投票日7/5:2015/07/03(金) 21:12:24.43 ID:UCsVO+Jf0
    山口県下関市の餅屋が1866年(慶応2年)の長州征伐での長州軍と幕府軍の戦いに
    参戦して石を投げて奮戦したことにより、高杉晋作からその功績を称えられ
    「無敵幸之進勝之」の名前を賜ったとされる。

    高杉晋作が由来ってかっけぇw
  53. これが中国だと姓はあるけど名前はない状態になるのが面白い
    明の洪武帝は朱家の八番目という意味の朱重八が最初の名前
  54. 新選組もかっこいい名前に変えましたよね
  55. >>36
    そらそうだろ
  56. >>43マタギもだな
  57. 小鳥遊なんて、完全にトンチだからな。ふざけてんのか。
  58. >>53
    おもしろき
    こともなき苗字を
    面白く
  59. 上に藤が付く人は良い身分だったんだろ。
  60. 自分の家系話する人って盛ってる人多そう
  61. 昭和時代はマルクス史観が日本史研究にも深く入り込んでいて
    虐げられ、差別されてきた農民みたいな見方が主流だったから
    事実が歪められてた
    みんな普通に苗字名乗ってたのにね
  62. >>38
    そんなに韓国朝鮮大好きなのかぁ
    二十四時間そんなんばかり考えてるんなら、向こうに移り住んだら良いんでない?
  63. 実は農民(庶民)と武士(中級以下の支配層)にさほどの区別がなかったというオチ
  64. 特定の人を呼ぶときは、どこそこの何さんとかいう呼び方はしてたろうね
  65. >>49
    本当。
    忌み名と言って本当の名前は隠してたんだよね。
    特に女性。
    清少納言とか紫式部はニックネームで本名は未だ
    不明。
  66. >>66
    ぬ〜べ〜で読んだやつだ!
  67. >>52
    日本の姓名で金(きん)さんも金(こん)さんも普通にいるのにな
  68. 百の姓で百姓だろ
  69. 古代ギリシャには名字なかったけど、単純に不便だよな
  70. 中学の頃、大村君が音読みでダイソンって呼ばれてて、それが元で梅村君はバイソン、若村君はジャクソン、下村君はアンダーソンと、みんなかっこいいあだ名がついたのに、津村君だけあだ名がバスロマンだったのは、今思うと本当にイジメだし、何ならバスロマンはツムラじゃなくてアース製薬。
  71. >>66
    それは官位官職なんだが
    自国史も知らないとか本当に日本人?
  72. 徳川家康はフォーマルな場所で自己紹介をする時、徳川家康と名乗れなかった

  73. そろそろ豊臣を名乗るか
  74. >>61
    近所にいる。
    しばらく地面に埋めた古い紙で家系図つくってる。
    親戚に絶縁宣言して、○○本家と清和天皇がつながるとか言っていて
    自分は○○本家の子孫と言ってるが全部嘘、家紋まで変えてて呆れた。
    元々変なひとだったけど本当におかしくなった
  75. 室町時代に来てた宣教師なんかの文献によると、武士は清貧で農民に税を納めるように頭を下げて回ってたらしいからな。
    農民も寺で読み書き習ってるから識字率高かったみたいだし。

    武士が行政は取り仕切ってるが、地域の風習の方が優先されてて大抵の決め事は村単位で勝手にやってたとかで。
    秀吉も農民相手に刀狩りやったように、「明確な行政側の人間を武士」「それ以外は農民や町人」という扱いだったと考えるべきだろう。

    昭和時代ってどうも、欧米の価値観が入り込み過ぎて日本ならではの農民観ってのが失われた気がするね。
  76. >>74
    選挙にでも出るの?
  77. 家系捏造ジェネレーター屋は平安時代から存在する
  78. まーた朝鮮人が捏造してるのか
  79. >>38
    秀吉の旧名知らんのか
  80. 名字は持っていたが名乗ることを許されていた農民とそうじゃない農民がいたわけか
    土方歳三は多摩の百姓の出だけど、豪農だから許されてたんだな
  81. 官職や位階と違って名字は自称他称
    許認可は必要ない
  82. >>72
    ところがどっこい清少納言は少納言の官職
    でもなんでもないんだな。
    親族にもいなくてなんでそんなニックネーム
    なのかは諸説あるが不明。
  83. >>71
    なつかしいw
  84. 斎藤はどこの藤原なの
  85. >>7
    家の中に田んぼがあったのが中田
    田んぼの中に家があったのが田中
  86. >>71
    米村くんはマイソンだった(実話
  87. >>22
    田舎は苗字より屋号で呼ぶ方がわかりやすいってね
  88. >>10
    タツオ
  89. まぁ、誓い漢字圏なんだから、朝鮮、支那由来も被ってるのが当たり前
    それ系は割合が多いだけ
  90. >>33
    在日イライラでワロタ
  91. >>85
    斎宮がある三重県かな

    佐藤が栃木県佐野市で
    伊藤が静岡県伊豆なのは知ってる
    尾藤が尾張で
    加藤が加賀
  92. 江戸時代になると、徳川に与しない勢力だったりお取り潰しされた藩だったりが、身を守るために名を隠すということはあっただろうね。
    エタヒニンってのはあくまで行政側の都合による扱いでしか無い。
  93. 海外だと「誰々の息子」形式の名字結構あるけど
    日本にはないのかな
  94. >>46
    大森、中森、小森、森。
    大林、中林、小林、林の8人がそろったら神。
  95. 名字に「川」や「河」が入ってる姓は「革」から変っている可能性があると婆ちゃん
    から聞いた。
  96. 勝ったものや強いものが子だくさんで負けたものや弱いものは、子供が少ないことは、
    今も昔も一緒だろうから。
    割合現在人の先祖は藤原や源氏につながる人は多いと思う。
    特に関東中央あたりは。
  97. ウチは加賀八家横山氏に繋がっているらしい。家系図が残っている。
    家紋も丸の内卍。もっと辿ると清和源氏だな。
  98. >>37
    朝鮮学校出身?
  99. >>9
    お前が末代か
  100. 武士はほとんど源さんでしょ
  101. >>83
    中二病のラノベ作家がペンネームに○○男爵やら○○公王なんて名乗るノリじゃね?
  102. >>98
    糞喰で有名な家じゃん。
  103. >>96
    あくまでも可能性な
  104. ジョンの息子だからジョンソンという苗字になり、ジャックの息子だからジャクソンという苗字になったそうな。では、ジョンやジャックの苗字は?
  105. >>61
    そして大概本人が何の取り柄も無いという
  106. ネトウヨさんが在日認定している名字も入ってるんでないか
  107. >>101

    藤原秀郷流も多い。
    だけど関東中央部では、それらは親戚関係なんだよ。
  108. 越後屋、お主も悪じゃのう
  109. >>101
    源平橘藤のどれかだな
    豊臣は安土桃山時代に作られた
  110. >>100
    昔、六本木にあった西の木という有名なゲイバーで、男同士がキャットファイトを始め、
    「あンたなンか、末代まで呪ってやるーッ!」「あンたもあたしもゲイなンだから、末代なのよぉーッ!」という地獄を見たことがある。(小池 一夫)
  111. 10万種類ね。。。シナや朝鮮は数えるほどしかないのとは対象的だ。

    「個性が無い」と言われる日本人の苗字が、これだけ多様性に富んでいる。何故なのだろうね。
  112. 木下は?
  113. つまり佐藤は佐賀の藤原ってことだ
    この世は佐賀のものじゃったのだ
  114. 韓国人には、何で金さん、朴さんが多いの
  115. >>46
    中学の頃、大村君が苗字音読みでダイソンって呼ばれてて、
    それが元で梅村君はバイソン、若村君はジャクソン、下村君はアンダーソンと
    みんなかっこいいあだ名がついたのに
    津村君だけあだ名がバスロマンだったのはイジメに近いし、
    今思うとバスロマンはツムラじゃなくてアース製薬
  116. ちなみに日本人は名前ばかりか勝手に名字まで自由に変えてきた
  117. 金は金属あらわす言葉がかねで金しかなかったんだろう
  118. 公的に名乗れないだけで私的には普段から使ってたのは常識
  119. >>110
    大名に橘はいなかったけどな
  120. >>76
    『御成敗式目』は時代を鑑みてもよく出来てるんだよねえ
    諍いや酔いで斬り殺しちゃならんぞと書くあたり、『義経記』なんかではカジュアルに殺しすぎててちょっと笑えない部分もあるのだけど

    当時の伊東や北条や書き物を見ても、当たり前に畑作も工事も大工もやっているし
    昔の人は器用だったんだなぁ

    それはともかく、南北朝のあたりから所有私有の概念が徐々に確立してくるのが面白い
  121. >>81
    苗字帯刀の他にも屋敷の門構えやら欄間やら釘隠などいろいろ規制があって貢献に応じて農民にも使用の認可が下りてた
  122. 中村家の人が京都から
    北へ逃げた人は 北村
    西へ逃げた人は 西村

    東村や南村があんまいないってことは
    東や南へ逃げた人は少なかったのだろうか
  123. >>9
    末代まで祟られた結果のお前な
  124. >>13
    大場課長もあまり連呼するのはやめたほうがいい。
  125. >>101
    武家は家系図を捏造するから信用できん
    家康も清和源氏を詐称して将軍になった
  126. 源朝臣徳川次郎三郎家康
  127. あまりに今さらのスレ
  128. 親父の故郷の新潟に名字と同じ地名があるからたぶんそこが由来だと思う
  129. >>112
    ほとんどが一部地域にかたよってるでしょ
  130. >>120
    立花宗茂は
    ちがうか
  131. >>98
    明治時代に家系図屋と言うものが大流行して、
    先祖が農家の人に対して、嘘の先祖の家系図を作ってあげる行為があった。

    その家系図が明治以降に作られたものだったら、残念だがお前の先祖は農家。
    江戸時代以前に作られたものだったら本物
  132. 自意識過剰
  133. >>58
    モノノフ乙
  134. 公に姓を名乗ってはならないという法律があったとしたら、名前による出自の誤魔化しが横行するのを恐れたためだろうね。
    何処の馬の骨ともつかない人間が藤原姓名乗ってきたら、無碍に扱えなかっただろうし。
  135. うちの親も、親戚のことを苗字で呼ばずに地名で呼んでたな。
  136. >>123
    東村さんは何人かいるけど南村さんは見たことがない。
  137. >>123
    京都の北って海じゃん
  138. 半沢に出てきた北大路欣也の中野渡や、綾小路とかの三文字名字のルーツも興味あるな。
    四文字名字もあるよね、勅使河原とか。
  139. >>61
    日本人の95%は先祖が貧乏農家
    でも、町で聞く人たちの先祖の8割が、平家、源氏の出とかで笑える。

    どれだけ多くの人間が、嘘ついているかw
  140. >>94
    親から通字をもらうのと、
    時の天皇、征夷大将軍や執権からも臣下は1字もらう

    将軍が足利義輝のときは
    毛利輝元とか上杉輝虎とか足利輝氏とかで戦国時代は輝の字だらけ

    毛利輝元は毛利家の元と将軍の輝をもらったわけ
    足利将軍家は義が通字
  141. >>95
    大林は入ってる建物がそこの物件なんでご勘弁願えぬかw
  142. 地名が名字になると、その辺り全員同じ苗字だらけにならんか
  143. >>115
    民の90%が最下層身分で苗字がなかったが、つけられるようになったら見栄はって数少ない貴族系の苗字を語った
    簡単に言うと
  144. 山田(笑)
    田中(笑)
  145. 藩の記録に名字が出ていたから公的に名乗っていたようだ
    明治まで神社の家系
    ルーツは赤松家になっているけど違う名字
  146. >>113
    藤吉郎
    太閤殿下じゃん
  147. 輪島大士も能登麻美子も石川県出身だけど輪島や能登の出身ではない。
  148. >>91
    いちいちID変えてこなくていいのにw
  149. >>101
    助さん、角さん だよ
  150. 和歌集の詠み人知らずって
    名前を明らかにするのを憚られる歌人だよな
    文律がなくても名前を表に出せない慣習はあったのだろう
  151. >>143
    なってるところ日本中にあるけど
  152. 浦和さん
    北浦和さん
    南浦和さん
    武蔵浦和さん
    浦和美園さん
    東浦和さん
    西浦和さん
    中浦和さん
  153. >>140
    お前のまわりの人間だけじゃない
  154. >>46
    昔職場に、光さんと児玉さんがいたよ。
  155. >>144
    日本の、鈴木さん、佐藤さん、田中さん、山田さん みたいなものかw
  156. >>111
  157. >>1
       宮本武蔵  が生まれたのは、美作国吉野郷宮本村、現在の岡山県英田郡大原町宮本である。  
     
        ∧_∧
       ( ´・ω・)  < 幼名は、 武蔵(たけぞう) であった。
       /
  158. >>132
    「系図家」は中世末から近世にかけてかなり活躍しているので、
    「江戸時代以前のものなら本物」とは到底言い難い
  159. >>152
    小比類巻さんとか百目鬼さんなんて
    同じ集落にしかいなさそう
  160. >>102
    ちなみに紫式部は親父が式部の官位だった
    から。
  161. >>132
    バブルの時にも流行ったらしいね
    そういう商法
  162. >>154
    テレビでの街頭アンケートだよw
  163. 今まで一番悲惨だと思ったのは
    肥沼さん
  164. 姓をあえて名乗らないことで、どこの勢力に属しているかを隠すことも出来たのかもね。
    互いの身を守るのに役立つならそうした風習が出来てもおかしくない。
  165. 世間を騒がせた地名由来の苗字 小保方
  166. >>140
    「農家だから貧乏」っていうのは、共産主義者の妄想歴史だぞw

    日本では、「米で酒を造りすぎないように」と御触れが出るぐらい余裕のある農家が多かった
    欧州のように戦争が無かったから、農家でも蓄財ができたからね
  167. >>159
    まあ、その時代も偽物があったけどな

    日本国民全体での偽物の家系図の多さで言ったら、明治時代は飛び抜けて多かった。
  168. 飯塚は福岡県の飯塚市出身
    あそこは日本のトップ10に入る治安の悪さ
    尼崎も西成も敵わない
  169. >>129
    柏崎くんか
    あだ名が絶対かしわもちくんになるんだよな
  170. 家系図見たことあったけど祖先は苗字を持った普通の農民だった
  171. >>167
    農家の大半は貧乏だよ
    地主から土地を借りて農作物を作る小作人が多かったから。

    あと、金持ち農家は庄屋とかの身分
  172. >>156
    それよりはもっと質が悪いよ
    ��身分(両班)の成り済ましだから
    一時、改竄した家系図が流行ったらしい
  173. >>167
    貧しい百姓が雑穀しか食べられなかったなんてのも大嘘
    生産性から考えたら雑穀より米のほうが食料として安価に安易かつ大量に手に入れられた
  174. 姉歯とかどういう由来なんだよ、
    ふざけてるのか?
  175. >>165
    言霊信仰の日本では相手の名を呼ぶことは
    相手をコントロールしているということに
    なるので相手に呼ばせないし呼ぶのも失礼
    という感覚があった。
    なので本名を隠したりニックネームで呼び合う
    習慣が出来たんだよね。
  176. 武士は帰農したりするからな。

    むしろ江戸時代の氏族は現在でいうと地方公務員みたいなもんだし。
  177. >>1
    それってヴィンチ村出身のレオナルドみたいなもんで
    名字と言うのとはちと違う気がするが
  178. 上に藤は同和だろ
  179. 氏族ではなくて士族だわ。
  180. >>9
    風化のせいで墓石の文字が読みにくいが
    宝や寛から始まる元号があった
    ちなみに左右対称苗字
  181. 漢数字がつくのはバトル漫画のボスキャラというか階級感あってカッコいいと思う
  182. チョッパリに名字を強制されたニダー
  183. >>162
    家系図商法って10年くらい前にも行政書士とかが
    手がけて話題になってなかったっけ
    何か法に触れるとかで逮捕だか禁止だか
    ちょっとうろ覚えだけど
  184. >>170
    今みたいな時勢だったら自分なんか絶対「新型コロナウイルス」があだ名だろうなぁw
    当時のバイ菌とどっちが良いだろうかw
  185. 藤は明治以降に名乗った偽者もおるやろ
  186. >>176
    「薩摩藩」藩士西郷「隆盛」でごわす
    藩主「斉彬」公の命により参上したでごわす
    なんて大河ドラマの時代考証よくまかり通るよな
  187. >>159
    今でいう就職活動時に家系図が必要だったからそれを作る屋があったらしい
    もちろん盛ってつくるから家系図もいい加減
  188. >>136
    同じ名字同士では不便だからね
  189. もちろん苗字持ってたよ
    江戸時代名乗るのを禁止されてただけで
    でもうちは例えば「山田」と言うのは知ってた
  190. 姓は井上名は肝臓
  191. 苗字は税金を取り立てたり犯罪者を追跡するために必要なんだよ。庶民が苗字を持たないなんてことはありえない。
  192. >>172
    それ言ったら武士のほとんどが貧乏で内職
    しないと食べていけなかった。
    将軍や大名とかの身分でも生活そのものは
    質素。
    金持ちは商人と癒着している代官くらい。
  193. 国籍透視術によれば方位、方角が入ってるのは朝鮮人確定だな
    藤が入っているのも朝鮮人確定
  194. 某女優 「私は藤原鎌足の由緒正しい直接の子孫です」
    名字学者 「藤原と言うのは屋号であり、明治まで藤原の苗字を使った日本人はいなかったようですが、あれ ?」
  195. >>189
    同じ名字が多いので屋号で呼ぶ地域もあったとか
  196. >>111
    想像してワラタw
  197. 信長の野望に俺と同じ苗字の武将は1人もおらんねや・・・
    やっぱ百姓の出なんやろか?
  198. >>115
    韓国の姓は日本で言う氏

    韓国は250姓もあるが
    日本は幕末まで存続したのは源平藤橘などわずか
  199. 北、東、西がつく名字に対して
    南が相対的に少ないような気がするのは
    分家は南にはできにくいのかな
  200. >>177
    地方武士は参勤交代江戸詰めでなきゃ
    国元で田畑を耕したり商工業に勤しんでいた
  201. >>175
    仙台藩では有力な一族
    姉歯通りなんてのもある
  202. >>9
    でもお前生産性の無いキモヲタだから子孫残せないじゃん
    ( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)
    ( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)
    ( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)
  203. 文系の学問も大切だと思うよ
    例えば【天:アメ】から降ってくるから【雨:アメ】かと思ったら
    研究したら、昔は発音が違うから語源が違うとかスゴいよね
    江戸時代は【ツ:tsu】を【トゥ:tu】と発音してたから
    徳川綱吉は【トゥナヨシ】、田沼意次は【オキトゥグ】だと知ってビックリ
    文系はスゴいわ
  204. >>187
    通称は吉之介な。
    大河ドラマちゃんと見てる?
  205. >>140
    名字の由来見るとたいてい源氏や平氏で天皇に・・・
    だけどそしたら日本の大半はそうなので嘘
    権力を手に入れる時に伝統ある名前を名乗るだけだからな
  206. >>188
    諸氏の系譜調査を寛永・寛政と大々的にやってるからね
    家系図・家譜の類は、他の史料で裏付けが取れなければ眉に唾して見るべきもの
  207. >>200
    方角がつく苗字だと南が一番好き
    響きが可愛くて温かいイメージがある
  208. 田吾作とか権兵衛とかがほとんどっしょ
  209. 藤原氏の子孫を称してる奴は概ね仮冒
  210. ちなみに、日本で最初に名前が文書に記録された猫の名前は
    島津義弘公の飼っていた三毛猫「ヤス」である
  211. 滋賀県だと井伊氏の影響が強かったのか、通常は井を用いる苗字の井が居になっている苗字が目立つ。(例:藤居)
  212. 中学の時の大田井さんが呼ばれる度失笑だった
  213. 調べてみたら昔の天皇の子息の村名だった
  214. 戸籍上では名字にはフリガナの記載は無いので、読み方は簡単な手続きで変更可能。豆な
  215. 最古の性はあま あまたりしひこ という倭国の天子がいて 隋へ書簡を送った
     日出所の天子 日没する処の天子へ云々
  216. >>209
    権兵衛はごんのひょうえと言う官職だろ
  217. 名前空間という概念を学べよ。
  218. >>132
    最低限お墓とセットじゃないと家系図なんて意味ない
  219. >>172
    小作が多くなったのは明治になってから納税をお金に換えてからだよ
    江戸時代は自作農が多かった
  220. >>206
    名字の由来・・・たいていが明治になってから自分で考えた苗字

    自分でかってに考えるから、
    「俺の名前は伊集院光ね」 なんて言うデブが大勢現れた
  221. >>206
    日本人の顔みんな似てるじゃん
    共通の先祖が少数で、それが源氏や平氏だっただけでは?
  222. >>12
    上州の藤原氏とか地域の由来では?、
    加藤とか伊藤とかは地域の藤原氏。
    工藤とか佐藤・首藤とかは役職に藤原氏
    工藤は大工職の藤原氏。
  223. >>187
    その辺キッチリやっちゃうと呼びかけが複雑になり過ぎて視聴者ついていけないしw
  224. >>200
    日当たりの良い「南」の土地が真っ先に開墾され、分家は他の方角に偏るからだろうな
  225. >>206
    日本の皇室は2000年続いていて臣籍降下
    している人もいっぱいいたからどこかで繋がっ
    ているよ。
    源平藤橘なら余計。
  226. 東西南北 春夏秋冬 大 松 は。。。。。。に多い
  227. 源平藤橘
  228. 藤が付くのは藤原家の家系とかいってるけど、大嘘。
    帰化した韓国朝鮮人も名乗ってるからな。
  229. >>195
    シンプルに藤原本流も支流も藤原を名乗ってるところはねえよなw
  230. >>50
  231. >>224
    単発のドラマで徹底的にこだわってみたらどうだろう
    大衆受けはしそうにないが、喜ぶマニアもそれなりにおろう
  232. 単純な苗字に憧れるわ
    三文判も無いし、気安く署名も出来ないし
    実家にかかってくる詐欺電話は全て読み方間違えてるから、両親は騙されなくて済むのはありがたいが
  233. >>220
    農地自体が狭かった近畿だと地租改正後も小規模自作農のほうが多かった。
  234. 最多の鈴木が当てはまらないじゃねーか
  235. >>210

    栃木の佐野市あたりは
    ほんとうに秀郷の子孫が多いよ。
  236. >>224
    大河ドラマ太平記では
    佐々木尊氏が足利尊氏を「たかうじどのー」
    とあり得ない呼び方してた
    本名で、しかも自分も尊氏なのに。
  237. >>7
    中田氏と田中氏だったら、後者の方が無難かな。
  238. 子供産まなきゃ滅ぶだけ
  239. >>237
    それってどうよ?
  240. 名字なくても屋号はあったろうしな

    今で集落では屋号で呼んでるところあるよね
  241. 日本では明治維新で武士公家医者など特権階級以外の庶民に苗字が許されたっていうのは、アメリカで奴隷解放後に黒人奴隷に苗字が与えられたみたいな理屈
  242. >>184
    自分の知ってる範囲だと、
    ・事実証明になるとかウソついて大金せしめた代書屋が詐欺事件
    ・ウソ家系図使って詐欺や新興宗教はじめて金がらみで事件化
    ・家系図商法でおなじみの竹田なんちゃらとかお仲間も含めて前科前歴まみれ
    こんなところかなぁ?
  243. >>240
    YES
  244. 長い間公に名乗るのを禁止されてたから分からなくなっちゃった的な
  245. >>211
    「命婦のおとど」を忘れちょる
  246. >>34
  247. >>201
    足軽なんか基本的に大半が農民の出だしな
    実働部隊だから若くて健康でガタイよくないと勤まらない上に藩からの扶持は雀の涙でしかないのである程度勤めたら親戚に跡を譲ると称してカネ持ってる知人に身分を譲り渡す
  248. 5ch の3大マウント取り

    1.年収や預金 (俺の年収1000万ね。預金は1億ある)
    2.IQ 自慢 (俺のIQは160ある)
    3.家柄自慢 (俺の先祖は藤原家ね)

    どれも、匿名掲示板では何一つ証明できない事でマウント取ろうとする恥ずかしい人間丸出しの下品なバカw
    これらどれか一つでも言う人間は、普段からコンプ丸出しの生活をしている底辺
  249. >>111
    地獄過ぎる。
  250. >>240
    尊氏が二人で視聴者が混乱するので
    佐々木の方は佐々木道誉、佐々木判官で通した
  251. お前ら勘違いしているけど、御手洗は霊険あらたかな名字だぞ
    伊勢神宮には御手洗場という場所がある
  252. 全国の「渡辺」さんの発祥は大阪堂島の渡辺橋近隣住民発祥。
  253. >>223
    >>12が聴きたかったのは藤川とか藤崎のことだと思う
  254. 成り上がりは豊臣
  255. 渡辺姓の人は嵯峨天皇に繋がる畿内の摂津を本拠地にしてた渡辺氏がルーツだと聞いたな
  256. >>86
    上流に田があれば上田
    下流なら下田
    中流なら中田だ
  257. うちは地名姓だなー
    結構珍しくて、沖縄?ってよく訊かれる
  258. 学校で教わったときは、昔の百姓は服は夏冬1着ずつしかなくて
    粟稗の薄いお粥を茶碗に一杯と大根の漬物を食べて
    昼夜を問わず野良仕事して、作った米は
    翌年の種籾以外全部お上に取られて死ぬまで一粒も食えなかったとかだったけど
    もちろん差はあるもののもっと食事も豊かだったしある程度の娯楽もあって
    教科書に書かれているよりは文化的な暮らしをしてたんだってな
  259. >>229
    日本人の名前は藤がつくのが多い
    武士ってもともと農民だぜ
    それが一所懸命になって武士になった
  260. 摂津には渡辺村というある意味由緒正しい村がな
  261. >>132
    江戸時代から家系図屋はある
    客は主に武士だけど富農も多かった
  262. お寺の人別帳に
    親父の家系のってたけど
    次男三男ばっかりで武士で生まれて商家に養子に出されてその子が養子に出されて坊さんになってとか
    さらにその子は庄屋に養子に出されて、またその子は武士になってとか身分変わりすぎでワロタw
  263. >>233
    社交的とは対極にいるけど
    数年に一度は同姓同名にぶちあたってめんどくさいオレ

    ありふれすぎてるのもめんどいぞ
  264. 芸スポで見た“尻無浜”さんの由来を知りたい
  265. >>47
    庄屋だろ。
  266. >>1
    橋下徹の橋下は?
  267. >>1
    これよく言うけどどれも当てはまらない
  268. 昔vipで家系図見たら先祖がインド辺りからシルクロード経由して日本に来てたみたいな人の書き込みがあったな
  269. >>252
    読みが「みたらい」さんならええけど
    「おてあらい」さんなら不都合やろ。
  270. >>199
    日本の姓てのは645年の氏姓制度を経てるので
    字が同じでも大陸のものとちょっと違うわな。

    氏(うじ)+姓(かばね)の形で天皇から与えられたものの
    氏にあたるものを「姓」としてるんじゃないかね。
    藤原朝臣(ふじわら あそん)の藤原(うじ)のほうを
    せい=姓(もしくは本姓)としているのじゃないかと。

    それ以外は名字(苗字)だわな。
  271. >>136
    そりゃ親戚だから同じ苗字が何人もいて
    分かりにくいからだろ
  272. >>259
    慶安の御触書の裏を読めばな
  273. 平安以降、摂政関白になった氏は藤原と豊臣だけ?
  274. ちなみにうちの近所の佐々木さんはほぼ全員がお寺。
  275. >>140
    戦に負けて山村に落ち延びた平家の末裔はいるんじゃネ?
  276. >>251
    沙沙貴だろ上皇
  277. >>241
    母方の田舎は屋号呼びだわ
    苗字はそこのお殿様からもらったってことで
    同じ苗字が多い
    だからそこは苗字つけたのは明治以降だと思うわ
  278. 勝海舟や坂本龍馬や近藤勇なんてのも
    ご先祖親父が武士の家系をいわばお金で買った元庶民
  279. うちは下に藤だな
    一番多そう
  280. >>121
    鎌倉武士はもっとも、戦闘に狂ってたから。
  281. >>264
    知り合いにミウラダイスケか3人いるわ
  282. >>264
    メジャー過ぎず、かといって特にマイナーでもないくらいの苗字が一番いいよね
  283. >>111
    ガチバトルの喧嘩中に、ウィットに溢れた芸だなwww
  284. >>174
    そりゃねえわなw
    今の品種だけ見てりゃそうなるだろうけども、それはここ二百年ばかしの交配と選別と科学的なアプローチのお陰だし
    たかだか四百年で水稲の栽培北限はまるで違うのに
  285. 老人は話を盛るから話半分で聞くようにしてる
  286. >>54
    古代ローマの女性もそんなんでなかったっけ
    ユリウス家の女性なら全員がユリアとか
  287. >>259
    サヨク史観だなあその学校の教え

    労働者は貧しくていつも金持ち資本家に搾取され虐げられているから
    いつか共産主義革命を起こすのが当然

    ってことを子供に吹き込みたかったんだろうなあ
  288. >>276
    帰農して開墾するくらいしか、平家の皆さんは、
    喰っていけなかったろうにな。
  289. >>263
    事実上身分は買えるので
    一番有名なのが勝海舟
    ひい爺さんが金で御家人の身分を買った
  290. 橋下(はしした)→はしもと

    都合が悪い場合は読み方はいくらでも変えられる
  291. >>285
    雑穀だって勝手に生えないぞ
    むしろ腹を満たすだけの収穫上げるには米以上に非効率
  292. 苗字って勝手に名乗るやつだよね(´・ω・`)?
    同じ一族でも違ったりするんだよな
  293. >>12
    植物の藤が由来なのは藤が先、藤原氏由来は藤が後
    藤井、藤田は植物系
    齋藤、佐藤は藤原氏系
    と別スレで読んだことあるよ
  294. >>9
    そんなの本家かどうかでも変わるだろ
    うちは分家だから安政からしかないわ
  295. >>271
    源が氏だけど渡辺って土地を治めたら
    渡辺さんになった
    これが姓
  296. >>259
    そういう時代や地域もあったし実態としてそこまで離れてないと思う
    服の話は昭和30年代までそれに近いものがあったぞ
  297. >>282
    知り合いに加藤淳子が3人いて、3人ともあだ名が「カトジュン」だ
  298. 半島系は日本の歴史上の偉人の名字を使いたがる傾向はあるよ
    金とかわかりやすいのはニューカマー
  299. >>296
    ちゃう。
    それ苗字もしくは氏
  300. >>288
    犯人は白土三平かもしれない
  301. >>261
    桓武天皇が難波宮を解体して大極殿を長岡宮に移築してその後、
    平安時代になって摂津の上町台地辺りは嵯峨源氏流の
    渡辺氏の本拠地になって渡辺津が栄えてたんだな