ますたーさいーどさん

5chから色々とまとめてまーす。

東アジアnews+

門番のイラスト
説明のある遺物わずか14点…「保有した韓国遺物少なく」
アジア博物館長「長期貸与などで韓国展示品目・スペースの拡充推進」

https://file.mk.co.kr/meet/yonhap/2021/09/21/image_readtop_2021_904363_0_062711.jpg
▲ドイツ、フンボルト・フォーラム
https://file.mk.co.kr/meet/yonhap/2021/09/21/image_readmed_2021_904363_1_062711.jpg
https://file.mk.co.kr/meet/yonhap/2021/09/21/image_readbot_2021_904363_2_062711.jpg
▲韓国館
https://file.mk.co.kr/meet/yonhap/2021/09/21/image__2021_904363_3_062711.jpg
▲中国館
https://file.mk.co.kr/meet/yonhap/2021/09/21/image__2021_904363_4_062711.jpg
▲日本館内喫茶店
https://file.mk.co.kr/meet/yonhap/2021/09/21/image__2021_904363_5_062711.jpg
▲アジア美術館内、韓中日書道特別展

「植民主義の歴史反省」を旗印に掲げたドイツ フンボルト・フォーラム・アジア芸術博物館内韓国展示館がオープンする。保有遺物が少ないという理由で日本展示館や中国展示館に比べ10分の1の大きさの韓国館は説明と一緒に展示された遺物は14点に過ぎないほど貧弱なレベルだ。

しかも説明で韓国を陶磁器工芸の国としながら、日本の評価に過度に依存し、むしろ植民主義を再現しているという批判も出ている。

ドイツ、フンボルト・フォーラムは来る23日からアフリカ、アジア、アメリカ、オセアニア博物館と民俗博物館の西側の部分8千500平方メートルに展示品1万点余りを一般公開すると20日(現地時間)明らかにした。ハルトムート・ドコルロ(Hartmut Dorgerloh)フンボルト・フォーラム財団理事長は「新しく博物館をオープンし(植民主義の)歴史を振り返って批判的に省察し、現在と同期させるのは私たちの義務」としながら「それでこそ国際的討論のプラットホームに位置づけられる」と話した。

今回公開されたアジア博物館内に韓国と中国、日本の展示スペースが含まれる。アジア博物館内韓国展示館の規模は60平方メートルで、日本館や中国館の10分の1に過ぎない。

実際に壁面や柱などを除けば韓国館の大きさは十歩で閲覧可能なほど狭かった。フンボルト・フォーラムが保有を明らかにした韓国遺物180点中、説明と共に展示された展示品は14点に過ぎなかった。高麗時代の青磁壺1点と鉢と器6点、再読陶芸家イ・ヨンジェ氏の陶磁器3点、青磁を撮影した写真家イ・ジェヨン氏の作品「応時の記憶」2点、朝鮮時代の童子僧石像一組などだ。残りの遺物は「研究所蔵品」という名目でガラスの棚に説明なしに展示された。

フンボルト・フォーラム側は韓国館を紹介しながら韓国を中国と日本の間でインスピレーションを与えた国と特徴づけたが、歴史的に韓国遺物を集めた人はとても珍しく、所蔵品規模が制限されたと説明した。また、陶磁器工芸の国である韓国展示館の展示品は陶磁器が大部分とし、韓国の陶磁器は素朴な美しさで有名だと説明した。

それと共に日本の茶道家が特に高く評価したとし、壬辰倭乱時は韓国の陶工たちを日本に引っ張っていったと説明し、日本が賞賛したので韓国陶磁器が博物館に多く流入したと付け加えた。

イ・ジン、ドイツ政治+文化研究所長は「展示品や収集経路の説明で韓国を説明するためにずっと日本に言及し、植民主義的視線と慣行が再現されていないか憂慮される」と話した。

韓国より10倍以上広いスペースの日本館や中国館には1万3千点を越えるフンボルト・フォーラム保有遺物のうち厳選された展示品や長期貸与展示品、公募を通した展示品がきらびやかに展示された。

人類と環境に貢献した建築家に授与されるプリツカー賞建築賞を受賞した中国の建築家、王澍(おうじゅ)が設計した中国館では清王朝の玉座と中国設置美術家アイウェイウェイ(艾 未未)の茶で作った喫茶店、58平方メートル規模で仏陀の説法を描いた18世紀の大型図などが公開された。中国館に展示された大型図の大きさは韓国館の規模に迫る。

日本館では日独親善160周年を記念して公募を通じて選ばれた建築事務所ウラが設計した喫茶店などを披露した。
>>2-5あたりに続く

Copyrights (c)聯合ニュース.

ソース:毎日経済(韓国語)ドイツ フンボルトフォーラム韓国館開館…中国・日本館の10分の1規模
https://www.mk.co.kr/news/world/view/2021/09/904363/
続きを読む

導入液のイラスト
モデルナとファイザーが代表的なmRNAワクチン100万回分が25日から英国とのワクチン交換方式で韓国に順次導入される。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は20日の国連総会を機に行われた文在寅(ムン・ジェイン)大統領とジョンソン英首相の首脳会談後の会見で、「9月25日から英国からmRNAワクチン100万回分の順次導入が有力だ」と明らかにした。

文大統領は国連総会に参加するためニューヨークを訪問し、ジョンソン首相と会った。

文大統領はこの席で、「ワクチン交換は韓英の友好関係をよく見せる事例。ワクチン交換を契機に韓英関係がさらに強固になることを望む」と話した。

ジョンソン首相も「韓国と英国でワクチン交換をすることになったことを喜ばしく考える」と前向きに答えた。

英国が提供するmRNAワクチンの種類と時期など具体的な内容に対しては現在両国政府が協議を進めている。100万回分は50万人が接種できる量だ。

青瓦台核心関係者は「ワクチン交換について両国間の協議が進行中でほとんど詰めの段階に達したようだ。種類や量、時期については協議が完了すればすぐ発表するだろう」と説明した。

文大統領とジョンソン首相はまた、ウィズコロナと関連した意見も交換した。

文大統領は英国のウィズコロナを興味深く見守っているとし、ワクチン接種の先導国としての助言を求めた。

これに対しジョンソン首相は韓国がコロナに立派に対応しており、ワクチン接種を効果的に進めながらうまく管理していると評価した。


中央日報日本語版 2021.09.21 13:44
https://s.japanese.joins.com/JArticle/283156
続きを読む

昔話のおじいさんのイラスト
(写真)
https://cdn.gukjenews.com/news/photo/202109/2313332_2303556_3638.jpg
_______________________________________________________

茶礼の膳(祭壇)の備え方に王道があるのだろうか。

秋夕(チュソク=旧暦8月15日)の茶礼の膳に、絶対に欠かすことができない伝統酒。多くの人たちが『正宗(チョンヂョン=昔の日本酒の銘柄)』と『清酒(チョンヂュ)』を混用している。どのような表現が正しいのだろうか。

清酒は日帝強占期に日本人が酒精(アルコール)を交ぜて、工場で作った日本式の酒である。清酒は酒精を交ぜずに、伝統の発酵方式で作ったウリたちの酒だ。

ウリたちの伝統酒は日帝強占期を経て忘れられてしまった。1907年に酒類を税金源にした朝鮮総督府が酒税令を発表をして、家醸酒(カヤンヂュ)の製造を阻止したのだ。1916年には、高い税金に耐えながら酒を造っていた醸造文化に『免許制』が導入されて、工場でのみ酒を作るようにした。

伝統の家醸酒が消えた位置には、日本式の工場で生産された清酒が埋め尽くした。正宗は日本語で『マサムネ』と読む。これは日本人が釜山(プサン)に建てた工場で生産した、清酒の製品名だ。

その後、人々が茶礼の膳に正宗を供え始め、『正宗』という単語が『茶礼酒』の代名詞として定着し始めた。

解放以降にも問題があった。米不足による『穀物管理法』によって、米で酒を醸造することが禁止されて続け、『正宗』を茶礼酒として供えるしかなかった。

その後、大人たちが澄んだ清酒を正宗と呼ぶのが今まで続いたのだった。

ソース:国際ニュース(韓国語)
http://www.gukjenews.com/news/articleView.html?idxno=2313332
続きを読む

「SNSで話題!」のイラスト文字
2021年09月19日 10時03分 週刊実話Web

9人組ガールズグループの『NiziU』(ニジュー)が、11月24日に待望のファーストアルバム『U』をリリースする。

「日本のソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントによる合同オーディションで、1万人から選び抜かれたグループです。オーディション番組は動画配信サービスのみならず、日本テレビ系の『スッキリ』でも取り上げられ、大きな話題になりました」(音楽業界関係者)

昨年6月にデジタルミニアルバム『Make you happy』でプレデビューすると、わずか半年でYouTubeの再生回数が2億回を突破。12月にファーストシングル『Step and a step』で本格デビューを果たすと、大みそかには『NHK紅白歌合戦』に初出場するなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった。

「ところが、今年に入っていきなり失速。7月に初のデジタルシングル『Super Summer』を発売したものの、関係者の予想を大幅に下回るセールスとなってしまった。業界内では、早くも��一発屋�′トばわりされていますよ」(同・関係者)

コロナ禍でファンと対面できない…

昨年は日テレを中心に、各局の音楽番組に引っぱりだこだったが、今年は明らかに露出が減っている。

「そうなったのも、新人にもかかわらず所属先がギャラをつり上げたから。本来、今年の『日本レコード大賞』で大賞を狙っていたが、それも微妙になったようです」(芸能記者)

多岐にわたって、周囲が期待したほどの��伸び�≠ェ見られなかったわけだが、それにはコロナ禍も影響しているという。

「昨年は仕方なかったとしても、今年はコロナ収束を見込んでライブやイベントを精力的にこなしていく計画だった。ところが、状況は昨年よりも悪化。そのため、ファンはいまだにメンバーたちとの直接対面がかなわず、いつの間にか��ファン離れ�≠ェ進んでしまったのです」(同・記者)

ここから巻き返していくのは、時期が時期だけに難しい。ファーストアルバムの売り上げが、早くもNiziUの命運を分けることになりそうだ。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12311-1250571/

https://i.imgur.com/49wY6J2.jpg
続きを読む

84円切手のイラスト
※帝国主義の時期が終り、元植民地に対する元帝国主義の国々からの補償や謝罪はどのようになっているのか。その歴史を整理したファンドビルダー氏の資料を紹介する。

●英国

植民地の例:インド(支配期間:1857〜1947年)

‐主な出来事:植民地支配に反対して抵抗した数十万人以上のインド人を虐殺

‐「それは数百万人が亡くなったホロコーストだった。英国が勝利する唯一の方法は町と村落の全ての住民を殺すことだと考えたためだ。それは単純で残虐なことだった。行く手を塞ぐインド人らは殺害された。殺害の規模は秘密とされた」ミスラ(Misra、インド人作家・歴史家)によるガーディアン紙でのインタビュー

‐今日の英国は謝罪無し、正式な補償無し

●英国

植民地の例:ケニア(支配期間:1895〜1963年)

‐主な出来事:植民地支配に反対して抵抗した9万人のケニア人を1950年代に虐殺したり、生き埋めにしたり、拷問

‐2013年に英国政府が虐殺事件と関連してケニア政府に詫び、被害者五千名余りに一人当たり600万ウォン(約54万円)の補償

●フランス

植民地の例:アルジェリア(支配期間:1870〜1954年)

‐主な出来事:植民地支配に反対して抵抗した150万人のアルジェリア人を虐殺

‐「懺悔(謝罪)は国家と国家の間の関係ではふさわしくない概念だ」2007年にフランスのサルコジ大統領がアルジェリア政府からの謝罪・補償要求を拒否して語った発言

‐現在のフランスは謝罪無し、正式な補償無し

●ドイツ

植民地の例:ナミビア(支配期間:1884〜1915年)

‐主な出来事:ドイツの虐政に抵抗したナミビア人3000人を虐殺し、6万人を強制的に砂漠に追い込んで死亡するように助長。1万5千人を強制収容して拷問。

‐2016年7月にドイツ政府が「詫びる準備中だ。しかし金銭補償は一切無い」と言う立場を表明後、2021年5月に外務相名義で「道義的責任を認める。今後30年にわたって1兆5000億ウォン(約1400億円)の経済支援をする」と発表。

‐現在のドイツは道義的においてのみ謝罪、正式補償は無く、経済支援(1兆5千億ウォン、約1400億円)計画

●米国

植民地の例:フィリピン(支配期間:1898〜1942年)

‐主な出来事:植民地支配に反対して抵抗運動したフィリピン人数十万人を虐殺

‐当時のメディアがフィリピン人らを処刑する米国兵士の後ろに「10歳以上のフィリピン人全て処刑」と言う文言が記されていたことを報道

‐今日の米国は謝罪無し、正式補償無し

●日本

植民地の例:朝鮮(支配期間:1910〜1945年)

‐条約による併合の性格(他の植民地で見られる大量虐殺は無し)

‐1965年に請求権協定で補償済み(有償・無償で5億ドル+民間借款)

‐韓半島(朝鮮半島)内の日本資産53億ドルについて日本側が返還請求を放棄

<日本政府の主な補償>

1965年、有償・無償で5億ドル+民間借款

1990年、日本国外に居住する韓国人原爆被害者への治療基金に40億円

1995年、元慰安婦らに一人当たり500万円相当(アジア女性基金)

2000年、樺太残留韓国人の帰国者用マンション(京畿道安山)建設に30億円

2014年、樺太残留韓国人の帰国者用マンション建設の外に追加支援で50億円(累計)以上

2015年、日本国外に居住する韓国人原爆被害者への治療費の全額支援開始

(以前までは日本国外に居住する韓国人は一人当たり年間300万ウォンの上限)

2016年、慰安婦補償金で10億円拠出


続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/73c98d462add3a6c41c11d8a09669d973e1f9f42
続きを読む

↑このページのトップヘ