ますたーさいーどさん

5chから色々とまとめてまーす。

東アジアnews+

デッドボールのイラスト
韓国では、今月12日から日本の新海誠監督のアニメーション映画の全7作品を上映する催しが開かれる。「君の名は。」や「天気の子」など、新海監督の作品は韓国でも多くのファンを持つ。

【写真】もっと大きな写真を見る

日韓の外交対立が続く中でも、政治的なことと文化的なことは切り離して考えるべきで、両国が映画や漫画、アニメなどを通じてつながることができるならば、それは望ましいことだ。しかし、残念なことに、いまだ韓国において、純粋に日本の文化作品に浸れる環境が整っているとは言い難い現実がある。

かつて韓国では、日本の統治時代(1910〜45年)の歴史を考慮し、国民感情を害する恐れがあるとして、法令により日本の漫画や映画、音楽などを規制する時期が長年続いた。それが大きく転換されたのは、1998年に来日した当時のキム・デジュン(金大中)大統領が、日本の大衆文化を解禁する方針を表明したことだった。

以降、韓国は日本の大衆文化を徐々に受け入れ始め、99年には日本映画「Love Letter(ラブレター)」(岩井俊二 監督)が韓国で大ヒット。主演の中山美穂さんが叫んだセリフ「お元気ですか?」は当時、日本語のまま韓国人に流行っていた。

これまで韓国では4段階に分けて日本文化を徐々に開放してきており、第4次開放は2004年の1月1日。これにより、ドラマなど一部分を除いてあらゆる分野の日本大衆文化が開放された。

近年の動きを見てみると、新海監督の作品では、「君の名は。」が2017年に韓国で公開。観客動員数373万人を記録する大ヒットとなった。2019年に公開された「天気の子」は、韓国で公開された外国映画のうち最長連続上映記録を樹立した。漫画「鬼滅の刃」は、最終巻の23巻が、韓国の大手書店「教保文庫」による総合ベストセラーランキングで先月第3週から3週連続の総合1位になっている。漫画が総合1位を獲得するのは2014年の韓国作品「ミセン」以来だ。

こうした記録を見ると、日韓が対立している状況下にあっても日本文化がかつてのように制約を受けず開放され、多くの韓国人を楽しませているように見える。

しかし、依然として日本文化は韓国社会の中で制約の下にある。韓国では日本のドラマが地上波で放送されることはなく、視聴はケーブルテレビや「Netflix」のような動画配信サービスに限られる。ラジオでは、日本人歌手や日本語歌詞の曲は放送局の自主規制により、事実上、放送禁止になっている。韓国のラジオで聴くことができる日本の歌は、韓国の歌手が韓国語でリメイクした曲でないと放送されない。

アニメを視聴するにしても、「クレヨンしんちゃん」の主人公「野原しんのすけ」が「シン・チャング」と韓国名に改名されて放送されているように、「現地化」されることも多く、「日本で放映されたまま見たい」と望む層の声に応えきれていない。

また、日本の映画を視聴するにしても、大きな声で「日本の映画にハマっている」とはなかなか言いにくい雰囲気があるのも事実だ。公にされるやそれに難癖をつけたり、脅迫したりするような動きが生まれるからだ。

新海監督の「天気の子」が公開された際には、作品の輸入会社「メディアキャッスル」のもとに「日本映画を上映したら事務所を放火する」という内容の脅迫電話がかかってきたという。

また、「鬼滅の刃」のテレビアニメ版がケーブルテレビで放映が始まるや、「主人公の耳飾りのデザインが旭日旗に似ている」との批判が殺到。これを受けてテレビアニメ版とその後に公開された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」、Netflix版はデザインの変更を余儀なくされた。

こうした状況では、落ち着いて日本文化に触れることができるはずもない。本来、政治的対立とは無縁なはずの文化も、昨今の険悪な日韓関係の影響を相当なまでに受けていると言える。

2019年10月に日韓関係が悪化する中「天気の子」が韓国で公開され、訪韓した新海監督は記者会見に臨んだ。その席で監督は「『君の名は。』公開の際、韓国のお客さんに『3年後、新作とともに戻ってくる』と約束しました。その約束を守ることができてうれしいです」とした上で、最後に「3年後、韓国と日本が仲直りして、新作を持って戻ってきて韓国のお客さんたちと良い時間が過ごせれば幸せだと思います」と語った。

その「3年後」が来年に迫る。何の制約もなく日本文化が韓国で受け入れられるようになっているだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8ab783e0eff185f1f8de248f40c1ca4f1263fc4
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210509-00298598-wow-000-1-view.jpg
続きを読む

卵を温めるコウテイペンギンのイラスト
昨年11月22日午前4時ごろ、仁川広域市中区にある酒屋の屋外倉庫で事件が発生した。ある男が周囲を見渡し、倉庫の出入り口から中に入った。しばらくして出てきた男は、鶏の足と豚の皮、缶詰などを手に持っていた。総額5万ウォン(約4900円)ほどだった。半月後の同時刻、再び同じ男が現れた。やはり食材を持って逃げようとしていたところを、オーナーの通報により警察に捕まった。窃盗犯は昨年失業したA容疑者(45)だった。同容疑者は警察で「仕事を失い、腰や肩まで痛めた上、うつ病や無気力で苦しかった。数日間食事を取っていない」とし、切羽詰まった状態で犯行に及んだ」と供述した。同容疑者は何の前科もない初犯だった。裁判所は同容疑者に懲役6カ月、執行猶予2年の判決を下した。同地裁は判決理由について「盗んだ物は全て食べ物で、典型的な生計型犯罪」とした上で「A容疑者が犯行を認めており、被害者に謝罪しようと努力した点を考慮した」と述べた。

 コロナ禍が長期化する中、生計型犯罪に追い込まれる、いわゆる「コロナ型ジャン・バルジャン」が増えている。最高検察庁の統計によると、昨年の凶悪犯罪、暴力、交通犯罪など主な犯罪は、前年に比べ6−9%減ったものの、窃盗など生計型犯罪を含む財産犯だけが5%増えた。警察庁の関係者は「財産犯は代表的な『不況型犯罪』で景気が悪くなると増える」とし「生活の苦しくなった人々が犯罪に手を染めたことが影響しているようだ」と説明する。

 3月2日、江原道春川市にある無人商店で、60代の男性Bが菓子やコーヒーなど9000ウォン(約880円)相当を盗んだことで警察に逮捕された。調べによると、B容疑者は昨年12月から先月まで計10回にわたって菓子や飲料水などを盗んでいたという。かつて自営業を営んでいた同容疑者は、2017年に脳梗塞で倒れ、治療費として4000万ウォン(約390万円)を支払うために財産を使い果たしたという。つい最近までマンションの警備員として働こうと履歴書をいろいろな所に提出してみたものの、いずれも不合格だった。B容疑者は「心血管疾患の薬を飲まなければならないが、空腹で飲むことができず、食料品を盗んだ」と供述した。

ウォ・ヌシク記者 , カン・ウリャン記者 , キム・テジュ記者

※続きは元ソースで御覧ください

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/05/08 16:24
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/08/2021050880012.html
続きを読む

いろいろな色の舌のイラスト
済州(チェヂュ)の海で高齢の海女(ヘニョ)が操業中に死亡する事故が相次いでいる。

(写真)
https://img4.yna.co.kr/photo/yna/YH/2020/01/19/PYH2020011902880005600_P4.jpg
▲ ムルヂル(素潜り漁)をする済州の海女

済州道消防安全本部によれば8日の午後2時43分、済州市(チェヂュシ)旧左邑(クヂャウプ)終達里(チョンダルリ)の海でムルヂル(素潜り漁)をしていた海女のAさん(81歳)さんが、意識を失って漂流しているという申告が119に寄せられた。

Aさんは救助されて、近くの病院に運ばれたが死亡した。

海洋警察では、Aさんが操業中に気力が尽きて事故に遭ったと推定していて、目撃者などを相手に正確な事故の経緯を調査している。

今年の2月と4月にも、70〜80代の高齢の海女が海産物を採取していて気力が尽きて死亡するなど、済州地域で近ごろ同じような事例が相次いでいる。

ソース:済州=聯合ニュース(韓国語)
https://www.yna.co.kr/view/AKR20210509005400056?

(関連)
チェジュ(済州)の海女 今年だけで2人死亡…消防 安全事故注意報を発令 = 韓国
https://news.yahoo.co.jp/articles/5cb2abdffd1f9428155c5f09511b37749647aa00
続きを読む

相撲の初切のイラスト
※ ソース元に動画があります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

日本が福島原子力発電所の放射能汚染水を排出すれば、忠清南道(チュンチョンナムド=以下、忠南)地域の水産物の消費額が大幅に減少するだろうという研究結果が出ました。

忠南研究院は最近、忠南道民400人余りを対象に放射能汚染水排出時の水産物の選好動向を調査した結果、年間の水産物の消費額が5,800億ウォン減少すると推算されました。

忠南研究院は調査対象の99%が放射能汚染水が排出された場合、水産物の消費を減らすと答えたとしながら、(韓国)国産水産物の信頼度を強化するための様々な政策を用意すべきだと明らかにしました。

ソース:KBS韓国放送公社(韓国語)
https://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=5181281&;
続きを読む

大きな旗を振る応援団員のイラスト(赤組)
ロシアで戦勝記念日を祝う旗が、旧日本軍の旭日旗に似ているとして、回収に追い込まれた。

【映像】旧日本軍の旭日旗と酷似? クレーン車で回収される旗

 地元メディアによると、ロシアのウラジオストクで、広場に掲げられたナチスドイツへの戦勝記念日を祝う旗が「旧日本軍の旭日旗に似ている」という抗議が市民から殺到。この事態を受けてウラジオストク市は7日、30本の旗全てを回収し、違うデザインのものに取り換えると発表した。

 市側は、旗の制作を委託した業者がデザインを間違え、結果的に旭日旗に似てしまったと説明している。

(ANNニュース)

https://abema.tv/video/episode/89-93_s10_p8346?utm_source=abematimes&;utm_medium=abematv&utm_content=8657270&utm_campaign=abematimes_link_article_8657270_ap_free_episode_89-93_s10_p8346

ABEMA TIMES 2021.05.08 13:31
https://times.abema.tv/news-article/8657270
続きを読む

↑このページのトップヘ