ますたーさいーどさん

5chから色々とまとめてまーす。

東アジアnews+

「立入禁止」と「KEEP OUT」のテープのイラスト
(ず)
https://news.kbs.co.kr/data/news/2021/05/08/20210508_v1lGd8.jpg

7日の午後3時40分頃、日本の山口県下関の近海で韓国の貨物船と日本の漁船が衝突しました。

共同通信によれば、下関市蓋井島(ふたおいじま)から西に5.8kmの海上で日本の漁船と衝突した韓国の貨物船は、『テリム・ヂャスミン(TAELIM JASMINE)号』です。

事故当時、日本の漁船(6.6トン級)には船長が1人、韓国の貨物船(695トン級)には韓国人など10人が乗船していました。

漁船の船首と貨物船の右舷が接触したこの事故で、漁船の男性船長だけが頭に軽い打撲したことが分かりました。

共同通信によれば、2隻の船舶いずれも自力航海が可能であるとし、日本の海上保安庁が事故の経緯を調査していると報道しました。

ソース:KBS(韓国語)
https://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=5181017&;
続きを読む

「口に手を入れない」のイラスト(女性)
「新しい薬を使ったら、(治療が)大変うまくいった」

先月27日、安倍晋三前首相があるYouTubeチャネルに出演して話した言葉だ。持病の潰瘍性大腸炎で首相職から退いたのが昨年9月だが、新薬を使って回復したということだ。

昨年末、日本経済界のある重鎮は記者に安倍氏と撮影した写真を一枚見せてくれた。ゴルフ場で取った写真だったが、安倍氏はゴルフクラブを手にしゃがんで座り、明るく笑っていた。時間を選ばず下痢に苦しめられるという潰瘍性大腸炎を病んだ人がしゃがんで座っている? この重鎮は「安倍氏はとても元気に過ごしている」と話した。

最近、安倍氏の政治活動が日増しに活発になっている。各種政治行事はもちろんのこと、YouTubeや放送にも出演して発言回数を増やしている。憲法改正推進本部最高顧問、東京オリンピック(五輪)組織委の名誉最高顧問、自民党「保守団結の会」顧問などとして活動し、職責も一つや二つではない。

先月からは自民党内当選3回未満の若手議員に対して「選挙で勝つ方法」に対しても講演を始めたという。安倍氏は2012年衆議院選挙で119人の新人国会議員を当選させたことがある。安倍氏の傘下で3回連続当選に成功した「安倍キッズ」たちは厳しい選挙を経験したことがない。彼らにとっては在任中6回の選挙をすべて圧勝に導いた安倍氏は「カリスマ講師」同然だ。

反面、菅首相にはそのような「オーラ(Oura)」がない。4月の再・補選で「自民党王国」と呼ばれる広島ですら惨敗し、菅首相の支持グループからも不協和音が出てき始めた。

国民世論も冷たくなった。国民47%が菅政権を支持するが、次も菅氏が首相をするよう望んでいるのはせいぜい4%だ(4月26日、日経世論調査)。コロナ状況は改善されなかったが、IOC(国際オリンピック委員会)の言いなりになっているような印象を与えているのも不満だ。保守政権に最も批判的な東京新聞さえ、1年前に安倍首相はIOCを説得して「五輪1年延期」決定を引き出したが、なぜわれわれは安倍時代を懐かしがることになったのか、と嘆く始末だ。

安倍氏の「再々登板説」が登場するのは偶然でない。党内最大派閥である細田派に復帰すれば、安倍氏が再び首相になるというシナリオに可能性がないわけでもない。

これを意識してかどうかは分からないが、安倍氏は「次の総裁選挙では当然、菅首相が再選されるべきだ」としながら、自身の復帰の可能性を一蹴した。ところが菅氏で“交通整理”までして、改めて安倍氏の影響力を再確認する格好になった。「再々登板」が現実にならなくても、安倍氏の陰は今後も長く濃く残ることは違いなさそうだ。

ユン・ソルヨン東京特派員

中央日報/中央日報日本語版 2021.05.07 13:45
https://japanese.joins.com/JArticle/278450
続きを読む

相撲の初切のイラスト
※ニュース1の元記事(韓国語)
https://www.news1.kr/articles/?4298364

2021年5月6日、韓国・ニュース1は、5日に行われた日韓外相会談について「韓国外相がロンドンに到着した後にぎりぎりで開催が決定していた」と伝えた。

主要7カ国(G7)外相会合のため英国を訪問中の茂木敏充外相は5日、韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相と約20分にわたり会談した。

記事によると、韓国外交部当局者は「韓国を出国する時点でもいつ、どこで会談が行われるか分からない状況だった」と話した。

会談の情報は直前まで記者にも知らされず、一部では「日韓関係悪化のため両国が2者会談に消極的なのではないか」との憶測も出ていた。当局者は「日本側から事前に情報を公開しないよう強く求められた」と説明したという。

会談が即興的に行われたため「会談よりも会合に近いのでは」との指摘も出たという。会談場所には通常あるはずの両国の国旗もなかった。ただ、当局者は「正式会談」と表現したという。

日韓外相は「北朝鮮の核問題への共同対応と朝鮮半島情勢の評価」「強制徴用・慰安婦の歴史問題」「福島原発処理水の海洋放出決定」について議論したとされている。しかし歴史問題と処理水問題をめぐっては大きな意見の相違が見られたという。

これに韓国のネットユーザーからは

「文政権はいつも日本に振り回されて情けない」
「日本はG7に韓国の国旗を掲げたくなかったのだろう」

など不満げな声が上がっている。また、

「会ったところで何になる?どうせ文政権に日本と関係を改善する気はない」
「20分で何を話したというのか。いっそ会わない方がまし」

など厳しい声も見られた。


2021年5月7日(金) 17時20分
https://www.recordchina.co.jp/b876020-s25-c100-d0191.html
続きを読む

中国語を勉強する人のイラスト(女性)
日本人の「三国志好き」は中国でも有名であり、中国人以上に三国志が好きだと思えるほどらしい。中国メディアの快資訊はこのほど、日本人はなぜ三国志に夢中になるのかと問いかけ、その理由について分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本には三国志に関連したゲームや映画、アニメなどが非常に多くあると指摘した。なかには三国志のモチーフとして美少女ばかり出るアニメのように、中国人としては困惑してしまうものもあると主張する一方、それだけ日本人が三国志をこよなく愛していることの表れだとしている。

 なぜ日本人はここまで三国志に夢中になるのだろうか。記事ではいくつかの理由を挙げているが、その1つが「乱世は英雄を出す」ことだと分析した。三国志は群雄割拠の時代であり、数多くの魅力的な英雄がいるが、なかでも日本人に人気なのが「諸葛孔明」だと紹介している。日本人の三国志観に大きな影響を与えた吉川英治氏の「三国志」でも、諸葛孔明の死をもってエンディングとしているほどだと伝えた。

 また、「曹操」の人気が高いのも日本人の三国志ファンの特徴だという。本場中国の「三国志演義」では、曹操はあまり好ましい人物としては描かれていないが、吉川英治氏の三国志ではポジティブな面を強調しているからだと分析し、日本人は曹操を「織田信長のような強硬さと豊臣秀吉のような臨機応変さ、徳川家康のような権謀術数に長けた人物」と評価していると伝えた。

 このほか、武士が支配していた時代には戦争文学が好まれたこと、広大な中国は戦争の場面もまた規模が桁違いだったことなども人気の理由だろうと論じた。三国志の人気には様々な要素が関係していると言えるが、日本人ほど三国志に夢中になる外国人はほかにはあまりおらず、中国としても悪い気はしないようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1698975?page=1
続きを読む

合唱団のイラスト(フォーマル・女性)
【ソウル聯合ニュース】韓国政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団によると、新型コロナワクチンの接種による副反応とみられる事例が7日午前0時までの24時間に新たに611件報告された。このうち死亡が4件で、3人が英アストラゼネカ製ワクチン、1人が米ファイザー製ワクチンの接種を受けた。ワクチン接種と死亡の因果関係はまだ分かっていない。

 重いアレルギー反応のアナフィラキシーとみられる事例は4件で、3人がアストラゼネカ製ワクチン、1人がファイザー製ワクチンの接種を受けた。重症患者室への入院や障害、後遺症を含む事例は37件だった。

 それ以外の566件は接種部位の発赤、痛み、腫れ、筋肉痛、頭痛、発熱、悪寒など、比較的軽い症状だった。

 韓国でワクチン接種が始まった2月26日以降、副反応とみられる事例の報告は累計1万8871件となった。前日までに1回目、2回目の接種を終えた累計400万5806件の0.47%に当たる。

 現在までに国内で報告されたワクチン接種後の死者は計92人となっている。これは副反応の報告時に死亡と報告されたケースで、軽症などとして報告された後に容体が悪化し死亡したケースは含まれない。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/07/2021050780071.html
続きを読む

↑このページのトップヘ